システムとしての施錠|防犯カメラの設置やGPSの利用が増えている家庭の事情

防犯カメラの設置やGPSの利用が増えている家庭の事情

男女

MENU

システムとしての施錠

家

住宅防犯の歴史と変遷について

少し前の日本では、玄関やリビング、個室や寝室等、施錠しない家庭が多くありましたが、事件や事故が相次いでいるため、現在の日本は施錠をしている家庭が増加傾向にあります。この変化の背景には、地域住民の繋がりの変化も影響しており、密度の濃かったお隣通しの関係が、希薄なものになったのも影響しています。相次ぐ事件や事故の影響を受け、近年は防犯グッズが多数販売されており、住宅仕様や家族環境に合わせて選べるようになっています。特に人の動きの少ない夜間は注意が必要な時間帯であり、鍵開けや泥棒も多く侵入するため、特別な対策が必要になっています。防犯意識が高まるにつれ、鍵開けも年々高度になっているため、それぞれの時代に合わせた防犯対策を模索する必要があります。

鍵から新システムの時代へ

一度でも空き巣に入られた場合は、全ての鍵を取り替える事が大切であり、住宅の鍵開けを防ぐ必要があります。全ての取り替えが無理な場合は、補助錠を付け足したり、防犯カメラを設置する等して、新たな対策が必要になります。今後期待される防犯対策には、カードキーに対応した鍵開け対策であり、より高度な技術が求められています。現在鍵ではなくカードキーによる開閉も増加傾向にあるため、鍵開けはより複雑になっており、それに対応した対策が必要となっています。大切な住宅と家族を守るためには、オリジナルカードキーでしか開閉できないシステムを作り、外からの侵入を防止する製品の開発が期待されているため、新たな防犯対策が必要です。